MENU
飛行機好きなパパ『ウルフパック8』
子育てをしながら飛行機趣味を継続している40代のパパです。エアーバンドを聴くのが好き。独身時代から航空祭巡り多数。読んでくださった方に役立つような飛行機ネタをブログにまとめることを目標にしています。
言語切り替え

【ブルーインパルス@東北絆まつり2023青森】飛行隊長の名久井2佐は青森県出身!どこに行けばブルーインパルスを見られるの?予行飛行の実施は?エアバンドの周波数は?などについてまとめてみます。

【PR】この記事はプロモーションを含む場合があります。

6月17日(土)~6月18日(日)の2日間にわたって開催される『東北絆まつり青森』にブルーインパルスが飛来することが決定しました。予行フライトも実施されます。

東北絆まつり青森 ブルーインパルスの飛行予定

【予行フライト】

6月16日(金)主催者の発表では14時以降(NOTAM情報では15時25分~15時55分の間)

【本番フライト】

6月17日(土)主催者の発表では11時頃(NOTAM情報では10時50分~11時30分の間もしくは15時25分~15時55の間)

今回はブルーインパルスを見たい場合にどこに行けばいいのか、予行飛行の有無やエアバンドの周波数などについてまとめてみたいと思います。

主催者の公式サイトのお知らせでもその日程での飛行が公表されています。

目次

ブルーインパルスのパイロットはどんな人達?

ブルーインパルスのパイロットは『ドルフィンライダー』

ブルーインパルスの整備は『ドルフィンキーパー』の愛称でファンに親しまれています

ちなみに現在のブルーインパルス率いる第11飛行隊の飛行隊長は

名久井 朋之(なくいともゆき)2等空佐 TACネームはKNUCKLE(ナックル)です

防衛大49期のエリートで青森県八戸高校の出身。

F-4戦闘機のパイロットでもあり、2022年4月からブルーインパルスの飛行隊長を務められています。

航空自衛隊のHPにそんなドルフィンライダーやドルフィンキーパーの紹介ページがありますので
気になる方は是非チェックしてみてください。

ドルフィンライダーの紹介ページはこちら

ドルフィンキーパーの紹介ページはこちら

飛行の中心となる場所は?

メイン会場は青森県観光物産館アスパムに隣接する『青い海公園』となっており有料観閲席も設置されるようです

ブルーインパルスの飛行エリアはアスパムを中心とした青森市上空とのことです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次