MENU
飛行機好きなパパ『ウルフパック8』
子育てをしながら飛行機趣味を継続している40代のパパです。エアーバンドを聴くのが好き。独身時代から航空祭巡り多数。読んでくださった方に役立つような飛行機ネタをブログにまとめることを目標にしています。
言語切り替え

【ブルーインパルス@防府航空祭2023】子連れで行く場合の注意点は?駐車場はあるの?予行飛行の実施やNOTAMの情報・エアバンドの周波数などについてまとめてみます

防府基地航空祭 子連れ 予行

【PR】この記事はプロモーションを含む場合があります。

2023年6月4日(日)に山口県防府市にある航空自衛隊防府北基地にて『防府航空祭』が開催されます。

この記事では

  • お子様連れでお出かけする場合のポイント
  • 駐車場の有無
  • ブルーインパルスの予行飛行
  • NOTAM情報
  • エアバンドの周波数

などについてまとめてみたいと思います。

なお防府基地の公式サイトはこちらですので、もしお出かけの際は必ず確認しておきましょう

防府北基地といえば静浜基地と並び航空自衛隊のパイロットが初めて操縦桿を握る飛行訓練のスタートの地。学生が日々厳しい訓練を行っている場所です。
航空祭ではそんな訓練とあわせて練習を行ってきた『航空学生ファンシードリル』の展示を行います。
また日頃厳しく学生を指導する教官がT-7練習機の編隊飛行や機動飛行でその腕前を披露する機会でもあります。 

目次

基地内に駐車場はなし 道の駅潮彩市場臨時駐車場を利用

防府基地航空祭2023では基地内に駐車場の用意はありませんが、来場者用の駐車場として道の駅潮彩市場臨時駐車場が用意され、そこから防長交通が運行するシャトルバスにて基地までを往復する形になります。

防長交通のサイトによると潮彩市場からの基地に向かうバスは7:10分から随時運行されるようです(所要時間20分)
運賃は大人片道400円・小児片道200円で支払いは現金のみ
※1歳以上6歳未満の幼児に同伴者がいる場合、6歳以上の旅客1人につき幼児1人が無賃、幼児2人目から小児運賃を収受します。1歳未満の小児については全て無賃とするとのことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次